労働災害, 団体交渉

【団体交渉・労働災害】労災で後遺障害等級10級が認定されている事案において、団体交渉において、請求額を減額し、過失相殺を認めてもらい解決しました。

依頼者:派遣会社
相手方:正社員

事案内容(相談までの背景)
従業員が、業務中に歩行していて転倒し、足を受傷して長期の休職をしました。その後、労災認定で後遺障害10級が認定されました。

その後、労働組合から、1000万円を超える損害賠償請求に応じるように団体交渉の要求がありました。
そこで、会社の方が団体交渉に強い弁護士をということで、当事務所にご相談にみえました。

解決内容
争点としては、①後遺障害10級に相当する後遺障害が本当に認められるのか、また後遺障害があるとしても、それは別事故が原因ではないか、②転倒は労働者にも過失が大きかったのではないか、という2点でした。

①については、他の従業員の証言等から過去に別事故が存在した事情を明らかにすると共に、診断書から、10級が必ずしも強固な証拠によって裏付けられていないのではないかと主張しました。
②については、他の労働者が転倒するような場所ではなかったこと等を主張して4割程度の過失相殺が認められると主張しました。

4回ほど団体交渉を行い、最終的には、請求額の4割程度で和解することができました。

bengosi解決のポイント(所感)
労災では、等級が認定されるため、そこを争うことは無理だと思いがちです。

しかし、労災は実は等級を重く認定しがちであること、別事故による怪我も併せて認定してしまう可能性もあること、から重すぎて不当な場合もあります。
また、過失相殺もちゃんと主張すれば結構認めてもらえるものです。

企業は労災問題に直面したら諦めずに専門の弁護士に相談するべきだと言えましょう。

労働災害, 団体交渉」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.