団体交渉

【団体交渉】従業員の退職問題について、団体交渉を早期に解決させることができた事例

依頼者:一般企業
相手方:労働者

事案内容(相談までの背景)
退職した従業員が、後になって退職していないなどと主張して、労働組合に加入しました。
労働組合から、団体交渉の申し入れがありました。

解決内容
労働組合は相当強く争ってきましたが、退職の経緯や、従業員が退職日とされる日から出勤していないことなどの事情から、金銭的な要求にシフトしていきました。

最終的には、少額の金銭を支払う合意書を取り交わし、早期に解決することができました。

bengosi解決のポイント(所感)
退職自体は、仮に訴訟になっても勝てる事案でしたが、手続が長引くことで会社の負担が増すことや、他の労働者へ悪影響が出ることは避けたいところでした。

労働組合からは当初6か月分の基本給を支払う条件が提示されましたが、当方に有利な事情を説明して、本来であれば金銭を支払う事案ではない前提で交渉し、少額の金銭を支払って、早期の幕引きを図りました。

団体交渉」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.