労働災害

【労働災害】派遣従業員の派遣先での労災事故について円満な示談解決に成功した事例

依頼者:派遣会社
相手方:派遣労働者

事案内容(相談までの背景)
派遣労働者が派遣先で右腕を切断するという重大事故を発生させました。
派遣労働者は勤務していた愛知県一宮市内の会社に対して損害賠償請求をし、会社の代表者から弁護士の関与が不可欠とのことで示談交渉の依頼を受けました。

解決内容
依頼会社は、労災の対人賠償責任保険に加入していたので、保険会社と連携して事案に対応することができました。
まずは、保険会社に事故の調査を委託し、事故の原因を把握しました。
そのうえで、労働者と折衝を行い、労働者側にも事故の過失があったと主張して、500万円以上損害賠償額を減額しました。
さらに、派遣先に主たる責任があるということで派遣先と責任割合を折衝し、派遣元1:派遣先9の割合で和解することができました。実質的な依頼会社の負担はほとんどゼロとなり、円満に示談解決ができました。

bengosi解決のポイント(所感)
労災事故は、各種の強制保険、任意保険がありますから、その法律関係はかなり複雑です。
いくらを支払うべきか、専門的な弁護士で無いとよく分からないことが多いと思います。
この点については労災事故を取り扱っている当事務所に法律相談していただいてよかったと思っております。

また、本件のような派遣労働者の労災事故では、派遣元と派遣先の力関係で、立場の弱い派遣元が重い負担を押し付けられることが多いのが実情です。そういうことにならないためには、きちんと弁護士をつけて対応しないといけないです。

労働災害」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.