解雇

解決内容
私共は、元従業員の代理人として、配転命令が嫌がらせ目的のものであり、無効であることを主張・立証し、元従業員には無効な配転命令に応じる義務がないため、出勤拒否には正当な理由があり、解雇理由を欠き、解雇が無効であることを主張しました。

元従業員は、当初より職場復帰を希望しておらず、また、配転命令の拒否によって解雇されたという経緯から、元従業員にとっては不利な形勢ではありましたが、会社から元従業員に対し、一定額の解決金を支払えという内容の審判が出され、無事に解決しました。

解雇」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.