団体交渉

【団体交渉】問題のある従業員について、一定の金銭を支払うことで退職させることができた事例

依頼者:一般企業
相手方:労働者

事案内容(相談までの背景)
相手方は中途採用した営業マンです。重大なミスを犯した上、会社の指示に従いませんでした。
退職を促しましたが、従業員は応じず、労働組合に駆け込み、団体交渉の申し入れがありました。

解決内容
少額ですが金銭を支払って、合意退職の和解を成立させることができました。
また、1回の団体交渉で解決することができ、会社の負担も最小限で済ませることができました。

bengosi解決のポイント(所感)
従業員を解雇するには、客観的にみて、解雇せざるを得ないような悪質な事情がないといけません。

この従業員については、一定の悪質な事情がありましたが、それだけで、退職に応じてくれるほど労働組合は甘くありません。

本件では、会社と数回にわたり打合せをして、具体的な事情を聞き取り、客観的な証拠も集めておき、団体交渉の場でそれを示すことで、有利に交渉を進めることができました。

団体交渉」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.