労働災害

【労働災害】過失相殺を認めさせ、労働災害の請求金額を大幅に減額することができた事例

依頼者:産業廃棄物処理場を運営する会社
相手方:労働者の妻

事案内容(相談までの背景)
労働者が産業廃棄物処理場で、別の労働者が運転する重機にひかれて死亡しました。
当該労働者の妻が会社に対して損害賠償請求訴訟を提起してきましたが、金額が5000万円を超えるため、社長が相談にみえました。

解決内容
訴訟活動の中で、労働者側の過失が大きいことを主張しました。

具体的には、動いている重機の近くに不用意に近付いたこと、当該労働者はベテランで、現場の危険性を十分に理解していたこと、特別な目的があってその場所にいたわけでも無いこと、等を主張しました。

その結果、裁判所も労働者側にも一定の過失があったとして、1割5分の過失を労働者側に認めてもらえました。
結局、裁判所から和解勧告をしてもらい、その内容で和解することができました。

bengosi解決のポイント(所感)
労働災害事故では、労働者側にも問題があることが多く、その場合は的確に労働者側の過失を主張しないと、高額な賠償金を支払わされることになります。

事故の態様をきちんと聴取したり、刑事記録や労基署の記録を取り付けて、労働者側の過失を積極的に説明するノウハウが求められます。

労働災害」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.