労働災害

【労働災害】足に後遺障害を残す従業員からの損害賠償請求に対して、請求金額の4分の1程度の支払で解決することができました。

依頼者:建設会社
相手方:労働者

事案内容(相談までの背景)
相手方は、元従業員です。

相手方は依頼会社に勤務していたときに、工事現場で足を車両にひかれてしまい、足に後遺障害が遺りました。

車両を運転していたのは、下請業者の従業員でしたが、依頼会社のみが安全配慮義務違反で訴えられました。

解決内容
下請業者の従業員が加害者だということだったので、下請業者も訴訟に参加してもらいました(訴訟告知という手続を使いました。)。
その結果、損害を下請業者にも分担してもらうことができました。

また、相手方にも過失があったことや労災給付金を控除することによって、損害賠償金を減額することができました。

依頼会社の最終的な負担額は請求額の4分の1程度となり、助かりました

bengosi解決のポイント(所感)
労災の場合、他に負担してもらえる当事者はいないか、しっかり検討し、分担してもらわないと行けません。また、分担してもらうためのしかるべき手続を選択する必要があります。

さらに、被害者側の過失をしっかり主張しなるべく有利な解決を図る必要があるでしょう

労働災害」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.