その他訴訟

【その他訴訟】賞与と定期昇給について請求されましたが、退けることができた事例

依頼者:個人事業主(医療関係)
相手方:労働者

事案内容(相談までの背景)
経営が苦しくなったため、事業主が、昨年まで支払っていた賞与を支払わないことにしました。
すると、労働者が、年2回の賞与の支払いが労働契約の内容になっていたことを理由に、労働審判を申立てました。

解決内容
就業規則において、賞与の金額や計算方法が具体的に定められていないこと、そのような合意も存在しないことを、主張・立証しました。最終的には、相手方の申立は棄却されました。

bengosi解決のポイント(所感)
賞与は、具体的金額が決まっていたり、具体的な計算方法が決まっていたりすると、事業主の判断で支払わないということは許されません。
また、毎年同じ金額を賞与として支払っていたりすると、就業規則がなくても、そのような合意があったと認められてしまうこともあります。

本件では、そのような事情がないこと、雇用するときにそのような話もしていないことを主張・立証しました。
安易に、毎年同じ金額の賞与を支払ったりするのは禁物です。
賞与を支払う場合には、事業上の利益が出ており、当該労働者の貢献に応じて支払うことを明らかにして、支払う必要があります。

その他訴訟」カテゴリーの他の質問はこちら


労務問題のご相談はこちら

初回のみ1時間5,000円
じっくりご相談いただけます。

(通常税抜10,000円)
まずはお気軽にご相談ください。

052-231-1706

お問い合わせフォーム

当事務所弁護士の執筆・出版

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

名古屋相続解決ネット

Copyright (C) 経営者のための労働審判・団体交渉 All Rights Reserved.